読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今までに観た面白い映画【洋画編】

暇なので私の好きな映画を紹介します

ホラー、スプラッターなので苦手な方はブラウザバック推奨

 

 

 

 

 

1.「●REC」

www.youtube.com

 

消防士の密着取材をするため3人のレポーターが同行します

通報があった建物内に入ると血だらけの住民がいて…

というモニュメンタリー映画(ビデオカメラを用いた主観撮影の映画)

よくあるパニック系ホラー映画 ゾンビものかと思いきや実は違う

どうなるんだろうというスリルがあって面白い

 

1と2は繋がっていますが視点が違います

3は1,2と全く異なり全編クソなので観なくておk 

 

 

 

2.クレイヴ・エンカウンターズ

www.youtube.com

こちらもモニュメンタリー形式のホラー

廃墟の精神病院にテレビリポーター数人が乗り込む

心霊番組を撮る(やらせ)目的だったけどマジでオバケが出ちゃったみたいな感じ

病院から出られなくなった主人公たちは彷徨い続けるんだけど演出といいB級感が面白い

1、2とありますが2作品繋がってる 2本観るのがおすすめ

 

 

 

 

3.V/H/S ネクストレベル

www.youtube.com

幽霊ものだったりゾンビものだったり宇宙人ものだったり様々なジャンルがオムニバス形式で楽しめる!

妊婦の腹からありえんもんが産まれるシーンはさすがに目を覆った

V/H/Sはほかにもシリーズ色々あるけどこれしか観たことない

印象に残る映画

 

 

 

 

4.ファイナルデスティネーション・シリーズ

www.youtube.com

私の大好きな映画のひとつ(と言ってもシリーズ2作目の「デッドコースター」、「ファイナルデッド・ブリッジ」)しか観たことがありませんが

リンクに貼ったのは1作目です

主人公は修学旅行のため飛行機に乗りますが、悲惨な事故に遭う予知夢を見たため飛行機から降ります パニックになる主人公に対し不審に思った数人も続けて降りますが、本当に飛行機は事故に遭ってしまいます

九死に一生、かと思いきや決められた「死」からは逃れられず・・・

 

シリーズ全般、そんな感じの内容

主人公は必ず予知夢を見る、事故死を回避するが、やはり死からは逃れられない という話

死に方がとにかく悲惨ではあるものの、いつ、どうやって死ぬんだろうというハラハラ感が止まりません 

非常に好きな映画

 

 

 

 

5.道化してるぜ

www.youtube.com

子どもたちのいたずらでうっかり死んでしまうピエロが生き返って復讐するものなんだけどその殺し方、グロ演出が稚拙すぎて逆に面白い

まさにB級ホラーって感じの映画

 

 

 

 

まだまだあるけどとりあえずこの5作品

おすすめのB級映画あったら教えて下さい

 

【噂の鬱エンド漫画】ミスミソウ 読んでみました【後編】

こちらでは春花の復讐劇、裏話や感想を述べていきたいと思います

まず前編をお読みになってからご覧ください

 

 

 

 

 

 

 

春花は手に持っていた釘、また廃材で3人を容赦なくぶち殺します

 

 

 

しとしとと降る雪が倒れた3人を覆います

 

 

 

その翌日に1人殺害され、明日は自分が殺されるかも、と危惧した2人が先手を取り春花を殺そうとしますがやはり春花に殺されてしまいます

 

 

 

残ったのは春花、晄、妙子、流美の4人

 

 

 

 

ここから説明するのが難しいので簡潔に書きます

 

 

 

まずは妙子

 

妙子は実は転校してきた春花に一番に話しかけ仲良くなりますが、同時に晄とも仲良くなりその関係性に嫉妬します

晄と仲良くなった春花に対してではなく、春花を取られてしまったことに対して

 

 

妙子は一人、春花に謝罪します それを春花は許します

 

 

しかし妙子は結局流美に殺されてしまいます

 

 

 

次に流美ですが、慕っている妙子の気を引くために放火をしたわけですが妙子の冷たい態度に次第に腹を立てます(その結果殺害してしまうわけですが)

 

 

流美は春花、晄ともみ合いになった際殺されます

 

 

 

そして晄ですが

 

 

こいつが実は一番とんでもないやつでした

 

 

元々家庭環境が悪く、父親が母親に暴力を振るっておりそれこそが「愛情」であると歪んだ心を持っていました

 

 

晄は春花を愛していました

中学を卒業したら2人暮らししようと迫るほど

 

 

しかし春花は時期尚早でありまた妹の祥子とおじいさんと3人で暮らすことを希望していたためそれを断ります

 

 

晄の心には徐々に怒りの念が沸きあがります

 

 

そしてこいつの一番極悪な点は春花の家が火事に見舞われた際、妹の祥子とそこに覆い被さる父親の2人の写真を撮っていた所です

 

 

前編でも記述しましたが晄は燃え上がる春花の家に飛び込み祥子を助け出しましたがその時に撮ったものでしょう

 

 

「2人で暮らそう」そう説得する晄はもみ合いになった際その写真を春花に見られ、結局春花に殺されます

 

 

 

京子先生はというと、一向に帰らない子供の心配をする両親数人に詰め寄られ、嘔吐しながら反撃、最期は除雪車に巻き込まれ死亡します

 

 

先生はいじめられていた頃である中学時代をやり直したかったようです

(妙子の事をタエちゃんと言い、妙子も教師である京子に対しキョンちゃんと呼んでいた)

 

 

 

春花はというと、流美から負った腹部の致命傷がありましたがどうなったかは不明です

 

 

 

 

 

以上が簡単な内容です

 

 

 

 

 

 

 

以下は感想を述べていきたいと思います

 

 

 

1週目読んだ際は春花の残虐な復讐シーンから、次のページをめくる気が重くなる程気分が落ち込みました

 

しかし2週目を読み、個々の抱える想いや人間性の本質が分かりその後3、4週と読み続けました

 

 

ミスミソウ」というタイトルの由来ですが、厳しい冬を耐え抜いて咲く小さな花「ミスミソウ」が春花と似ている事からでしょうか

 

 

しかし終盤に春花が道端に咲くミスミソウを踏み潰すシーンがありとても印象的でした

 

 

 

 序盤では妙子の意図が分からず、晄を取られた春花に嫉妬していじめへと発展してしまったのかと思いきやそんなことはなく、またいじめは妙子が仕組んだものでなく

ただただ人の“崇拝する心”が恐ろしいと感じました

 

 

 

それぞれ「愛情」が欠如され起こってしまった悲劇ではないかと考えます

 

 

 

 

以上がミスミソウの内容、感想となります

 

 

是非皆さん漫画をお手に取って読んでみてください

 

 

出来れば2週は読んでください

(1週だけ読むと鬱な気分が持続します)

 

 

 

 

ここには書ききれませんでしたが、いじめに加担していたクラスメイト一人ひとりや先生にもそれぞれ抱える家庭の事情や心の闇があります

 

 

そちらも見ていただければ「なるほど」と思う場面があると思います

 

 

 

 

長文ですがご覧頂きありがとうございました

 

 

 

 

 

この漫画、鬱になるよ!という漫画があれば教えて頂ければ嬉しいです

 

 

【噂の鬱エンド漫画】ミスミソウ 読んでみました【前編】

ミスミソウ」という漫画を皆さんご存知でしょうか

作者は押切蓮介という方で、かの有名な漫画「ハイスコアガール」を描かれている方です

 

私は暇な時よく漫画レンタルサイトで1巻だけ試し読みをして周ってるんですが、ある日1巻だけ試し読みをした「ミスミソウ」という漫画が忘れられず池袋の某有名書籍店で上、下巻購入し読んでみましたのでここに内容と感想を書きたいと思います

 

 

 

 

まず話の内容をご説明します

全編ネタバレとなりますので嫌いな方はブラクザバックお願いします

内容的には1巻になります

 

 

 

主人公は野咲春花(中学三年生)、とても見た目が可愛らしい子です

父親の都合で父親、母親、妹の祥子の4人で東京から雪の降る田舎へ引っ越してきます

 

 

田舎のため在校する中学三年生クラスには10人ほどしかいません

 

その中で春花はいじめに遭います

 

 

壮絶ないじめですが卒業まであと三か月のため春花は耐えます

 

ですが見兼ねた父親が春花に「学校には行かなくてよい」と優しい言葉を掛けます

ついに登校拒否する春花

 

 

 

ここでいじめグループを紹介します

 

 

ボスとなるのは小黒妙子、金髪で見た目は派手 春花に対し直接手は下しません

それを慕うのが佐山流美、春花が越してくる前は流美がいじめのターゲットだったようです

他に6人クラスメイトがいますが長くなってしまうため省略

 

担当教師も曲者で名前は南京子、彼女はこの学校の卒業生で元いじめられっ子です 緊張やプレッシャーを掛けられると嘔吐する癖があります

 

そして忘れてはいけないのが相場晄(みつる)

彼は春花が引っ越してきた当初から春花に声をかけいじめにも加担していません

見た目からして好青年

・・・と思いきや、のちのち本性を現す事になります

 

 

 

さて内容に戻ります

 

登校拒否する春花をなんとか学校に連れ戻そうとボスである妙子は流美を使いにし家に凸します 

連れ戻さないとまた自分がいじめのターゲットになってしまうからです

 

しかしそれでも頑なに拒否する春花

 

 

春花に対し強い殺意を抱く流美はクラスメイトとともに春花の家に放火し家族諸共焼き殺す計画を立てます

 

「死んでほしい」 そしてボスである妙子に対し「自分の事を見て欲しい」という思いで

 

 

直前で妙子は「馬鹿馬鹿しい 勝手にやってな」と一人先に家に帰ってしまいます

 

 

 

計画実行の日、春花はちょうど晄と共通の趣味である写真を撮りに風景撮影をしていました(この時の雰囲気はとてもよろしい)

 

 

家路につく春花と晄が、真っ青な顔をしたクラスメイトとすれ違い、その様子のおかしさからふと遠くを見てみると家の方向に煙が上がっている事に気づき

 

 

駆け付けた際には既に火が燃え上がっていました

 

 

家族を助けようと家に入ろうとする春花、それを止める晄

 

 

晄は一人家の中に飛び込み黒焦げとなった妹の祥子を抱えて出てきました

かろうじて息はありますが人工呼吸器の装着による延命を余技なくされます

 

 

 

 

両親はともに死亡し春花は春花のおじいさんと同居し始めます

しかし言葉は一言も発しません

 

 

 

クラスメイトは生き残った春花の殺害を企てます

 

 

流美に裏山へ来るよう告げられ、春花はやってきます

流美とクラスメイト3人、手に持つのは灯油缶

 

 

 

 

「自殺しな 生き残ったアンタは辛いだけだよ」

 

 

 

そこで流美はちょうど学校へ呼び出しをくらい一人戻ります

 

 

残ったクラスメイト3人が灯油を春花に撒き

 

 

「人間バーベキュー、一足先に始めようや」

 

 

そう言ってマッチに火をつけたその時

 

 

それまで無表情だった春花の表情が一転して恐ろしいものとなり・・・

 

 

 

 

 

 

というのが1巻です

 

 

意外と長くなってしまったためこちらを前編、春花の復讐劇を後編としていきたいと思います

 

 

長文、乱雑な文章ですがお読み頂きありがとうございます

 

 

 

ここからかなり面白くなってきますので「漫画で実際に読みたい」という方は是非漫画でお読みになっていただいた方が楽しめるかと思います

 

ガールズバーの面接を受けに行ったはずなのに気付いたらピンサロの講習受けてた話【後編】



サロンならいけるよ と言われ内心めっちゃワクワクしてた






うっっわこれめっちゃくちゃ面白そうなブログ書けるじゃん!しかもキモオタクが好きそうなネタで!と思いながらおっさんの話に相槌打ってた









実はヘルスだのサロンだのの話が出てきた時「いや無理なんだが」と思って断ったんだ






「貴重なお時間頂いて本当に申し訳ないんですが、また改めてご連絡させて頂いてもよろしいでしょうか?」





そう言ったんだけど、おっさんが

「うちはサロンも経営してるんだけど連絡が来ても拒否して新規はとらない」

「君可愛いからイケる」

と散々褒め倒され喪女の私はブログのネタにもなるし、うっし!一丁やってみっか!と思っておっさんの話に乗っかった






体験入店するだけで30分で5k貰えるといっていたけどぶっちゃけもう金なんてどうでも良かった






それだけで体入するって決めたわけではなくて、「嫌だったら途中でストップして構わないから!」と言われたためというのもある






体入とはいえおっさんのチンポをしゃぶるつもりは端っから無かったし自分的にただ雰囲気を知りたいだけだった(潜入レポ的な)









面接場所から歩いて5分ほどのビル内に例のピンサロはあった





事務室に入ると気の弱そうな男が2人いて

「2番、ちひろ(仮名)さん、お時間でーす」みたいな感じで放送して部屋の回転を仕切ってた






その奥に少女たちはいた





制服を着てスマホをいじりながら待機している少女たちが





恐る恐る「こ、こんにちは」と声をかけると「こんちわー」と返事が返ってきた

 怯えるしかない





まあ何にビビったって、その少女たち、めっっっちゃくちゃ可愛い子ばかりでビビった





よく風俗ブログを見るとデブ引いただのブス引いただのという記事を見かけるけどそんな言葉が当てはまらないくらい可愛い子ばかり





隅で縮こまっているとシフトだの何だの説明を受けロッカーに案内され制服に着替えるよう指示された






制服を手に取り感動のあまり涙を流しながらJK時代を思い出す22歳(顔はもちろんいとうあさこ)





キャミを着ていたので脱いでから制服を着るよう言われ、その後手洗い、うがい、陰部清拭をするよう指示される





説明されたけどよく分からなかったからそのへんにいた少女にもう一度説明してもらった





1人の少女がすごく感じのいい子で、目が合って挨拶すると年齢聞かれた


私「あ、22ッス…おいくつですか?」


少女「えっ!見えなかった〜!私はハタチですよ〜」


私「…」






ハタチという響きに衝撃が走る






その少女に指名が入り私は惜しむようにその少女を見送った





そんなやりとりをしつつ、おっさんと合流




おしぼりやら何やらを持たされいざフロアに出た







「ウ、ウワァ〜!ブログで見たまんまだ〜!」




と思わず感動してしまった





ももク□だのアム□だのA◯Bだのの曲がズンズン掛かった室内はとても暗かった





8部屋に区切られた中は意外にも隣があまり見えない  ただやっぱりドアはなかった  半個室で上からヒョイと覗けば誰だって見えるくらい低い壁






一番奥の半個室部屋に入りおっさんと横に並んで座る





おしぼりの渡し方をレクチャー





その後椅子に正座してと言われる






「上に乗っかってハグして」






いよいよか…と私は心の中で思った






私はおっさんに跨がりハグをし、おっさんの唇にキスをした 


おっさんもノってきたのかディープキス、徐々に服を脱がされる







……








というブログを期待していたら本当に申し訳ないが、私の体が動かなかった






腹をくくれ、自分、と自分に言い聞かせてみたけどそもそも腹をくくる必要なんてなくね?とふっと我に返って







「すんませんやっぱ無理ッス」






とおっさんに言った






おっさんにあからさまなため息をつかれ、私の人生初体験は終了した







着替えておっさんに見送られ、私は店を後にしたのだった






そう、文字通り体験「入店」しただけで何もしなかったのである









以上が私のピンサロレポでした





みなさん、RT、ふぁぼ本当にありがとうございます




期待して頂いていた中でこのような内容のブログで申し訳ありません




私は気づきました




やはり愛のある性交渉が大切である、と(今リアルに号泣している)










その後新宿をウロついてたら胡散臭いジイさんに「お金に困ってる顔をしてるね!名刺だけでも貰って!」と(おそらく)AV制作会社の名刺を貰ったのでした(捨てた)






それと、今日体験入店したピンサロ、めちゃくちゃ可愛い子しか見かけなかったので行ってみたい!興味がある!という方はご連絡下さい




以上で終わります

長くなってしまいましたがご覧いただきありがとうございました








ガールズバーの面接を受けに行ったはずなのに気付いたらピンサロの講習受けてた話【前編】


まずはじめに宣言しておくと、このブログは18禁にはしない  誰もが読んで構わない内容にする







4月からほぼニート状態の私は月5万の学費、月2万の生活費をどうやって払おうか前々から悩んでいた



以前から貯金はしていたけど切り崩しながらの生活はキツい  欲しいものも色々あるし




そこで思いついたのが「バイト」する事だった



私はどの職に就こうか迷わずとも決まっていた、そう、ガールズバーである




ガールズバーってオジサマ、若い男の子と話すだけのチョロい仕事だろwと舐めてかかっていた自分はすぐに連絡


ちなみに時給3000円オーバー


この時点で若干怪しいと思っていたが「これも一つの社会勉強でしょ」と思い電話




話し方が手慣れた感じのオッサンが電話に出た



面接したいという旨の内容を伝えると、希望の日にちを聞かれたため答えた 



まあここまでは普通にワクワクしてたよ  そういう体験は未経験だったからね 

どんな事するのかな〜とか貢いで貰えるのかな〜とか考えてた  完全に舐めきってた










そんで面接当日




都内某所で待つように言われてたから電話して、◯◯まで来てくださいと言われたためその場所まで行く




内心めっちゃ緊張してた 心臓飛び出るかと思った







現れたのはスーツ着たおっさんだった 

昔遊んでたんだろうなって感じのおっさん





世間話しながら使われていない雑居ビルに入る




名前とか住所とか書かされていよいよ面接に入った




「何でこの仕事しようと思ったの?」とか「学生?」とかから始まり、コミュ障の自分は「は、はあ」とか「ええ」とかしか言ってなかったような気がする







色々雑談して本題に入った




まず私は訳あって土日しかバイトが出来ない




その旨を伝えたら、

ガールズバーとは名前だけで、言っちゃえばキャバクラみたいなもの  アフターでお客さんと寝たりそれ以外でも連絡とったりしなきゃいけない

僕は昔キャッチの仕事をしてたけど君みたいな子は向いてないと思う  酒が飲めないなら尚更





と言われ、まあそうだよなぁと思った(ちなみに私の見た目は芸能人でいうといとうあさこに似てる)

ってか意外と面倒なのねと思い今回の話は申し訳ないが断らせて頂こうと話を切り出す機会を伺いながら相槌を打っていた時だった





「君みたいな子はサロンならいけるよ」




「!?」




思わず「ピンサロってやつですか」と聞き返して「そうそう」と返事が返ってきた





もうこの時から「この話はブログのネタになる」としか思えなかったし、そのために体験入店まですることになってしまったのである






前編終了

後編へ続く